ナポレオンの村 : 予想以上に面白かったナポレオンの村第一話

毎週日曜の午後9時に家族そろって楽しみにみていた、天皇の料理番が最終回で終わってしまって残念だと感じていたのですが、その後番組のドラマナポレオンの村が予想以上に面白かった。

当初、「ナポレオンの村」ってどういう意味なんだろう?変なタイトルって気になってたんですが、第一話をみて分かりました。

ナポレオンってフランスの英雄のあのナポレオンのことなのねと。

唐沢寿明さん演じる主人公は地方公務員が、過疎化が進みつぶれかかっている村を英雄ナポレオンのように救うお話のようです。

私がみていて面白いと感じたのは、村の人たちや職場の役所の人たちが主人公とコミュニケーションをとることによって、彼に影響されて皆がこの村をなんとかしようと一生懸命に取り組むようになっていく場面です。

まさにナポレオンのようで優秀なリーダーのお手本ですね。ときどきナポレオンの格言を主人公が発します。

「私は決して障害に屈しはしない いかなる障害も私の中に強い決意を生み出すばかり」メモメモ。その言葉の通り行動する主人公がとても魅力的で、カッコよく第一話から引き込まれました。

また来週も観よう。

Pocket