脚本家の三谷幸喜さんがゲストだった『ヨルタモリ』を見ました。

日曜の午後11時15分から11時45分という、ちょっと変則的な放送時間の『ヨルタモリ』にドップリハマっております。

もともと『笑っていいとも!』を長年勤めてたタモリさんが、今度はどんな番組をはじめるんだろう…なんて思っていたら、タモリさんと宮沢りえさんの異色コンビで行われるトークバラエティでした。

初回が放送される前は、てっきり、お二人が着席されていて、テーブルをはさんだ向こうにゲストの方が着席されてトークが繰り広げる番組…かと、思いきや、ぞんなことが全然ありませんでした。

中でも、タモリさんが変装している「おじさん」が不定期に変更され、WHITERAINBOWというバーでママをしているのが、宮沢さんというスタイルにも驚きました。

それにしても毎回、見るたびにジワジワ来る番組構成はタモリさんならではでないかと感じます。

もちろん宮沢さんや常連さんも秀逸です。

ところで今回の三谷幸喜さんは鼻笛という楽器の演奏を披露していました。

これがまたお見事でした!

トーク的には、大学生の頃ぐらいしか記憶が無いという三谷さんのお話にも驚きましたし、宮沢さんとの濃密な稽古を繰り広げた思い出話も印象深かった内容でした! 

次回は篠山紀信さんがゲスト。

宮沢さんとどんなトークが繰り広げられるのか今から楽しみです。

Pocket