古代からのロマン、それは宇宙 コズミック・フロント NEXT

コズミック・フロントは、当初、天文学の先端や、先駆けとなった技術や研究者にスポットを充てて
紹介する番組でしたが、新シリーズでは、宇宙に関するミステリーを追うものになっています。

前回のテーマは、「キトラ古墳から発掘された天体図のミステリー」でした。

キトラ古墳の天体図は、現存する天体図の中でも最古のものと言われ、「どのようにして
日本に伝わってきたのか」「描かれている天体図はいつの年代のものなのか」が中心に紹介されていました。

考古学と天文学のコラボレーションです。最近の考古学では、様々な分野の研究者とのコラボレーションが欠かせなくなってきているようで、キトラ古墳の天体図に関しても、天文学者との協力がなされていました。

キトラ古墳の天体図は、古代中国から伝わってきた星座をもとにして描かれているので、十二星座などの見慣れた星座と全く違うものになっており、とても新鮮でした。

また、番組には2人の天文学者が出ていましたが「いつの年代の星空なのか」という謎に関しては、両者で年代が大幅に違っており、それも興味をそそられるものとなりました。

番組の最後で、2人の天文学者がだした結論を考古学的に解釈すると、どのようなものになるのか、という事も「なるほど」と充分に納得できるものであり、見応え充分でした。

宇宙には、まだまだ解明されていない謎が多く残っています。この先、どんな謎に迫っていくのか、楽しみです。

Pocket