ドラマ「ナポレオンの村」キャストの魅力があります。

「ナポレオンの村」は限界集落を復活させるというストーリーで、何となくストーリーの想像がつくような感じもありました。

しかし、限界集落を復活させるスーパー公務員の役の唐沢寿明さんが、ヒョウヒョウとしているけれど内に秘めた熱い気持ち、強い意志を持っている公務員役を魅力的に上手く演じているのです。これまでの唐沢さんの演技からしても、最後まで飽きさせない演じ方をするのだろうと思いました。

そして、共演の麻生久美子さんは、あまりドラマに出演しない方だと思うのですが、ドラマの中での存在感をとてもいい感じで出している方です。ドラマ全体の雰囲気の良さも感じます。

ドラマはストーリーが面白くてもキャストが合っていないと初回だけ観て、それ以降は観なくなってしまうタイプなので、初回は大変重要な回として観ているのですが「ナポレオンの村」はかなり好感度が高かく次回も見逃せないです。

このドラマを観て知ったのは、限界集落の復活が公務員の方の仕事なのだという事でした。

そして、復活のためには様々なアイデアや集落の人達と力を合わせて行くために、公務員の方の人間力もかなり必要になってくると思います。

どんな困難をどんな風に乗り越えていくのか、強い気持ちを持ち続けてきたのかというところは、どのような仕事にも結びつくような事であって、自分の気持ちや考え方で仕事も周りも変わっていくのではないかと思いました。

Pocket

科捜研の女9話 警察犬の柴犬がかわいい!1話完結なので、すっきり。

この時間帯に再放送しているドラマは気楽に見ることができていいです。

基本1時間で1話完結なので、すっきりです。科捜研の女は沢口靖子が主役ですが、とても美人な方なので、ついつい見てしまいます。

以前、若いときの写真が出ていましたが、それがまた本当にキレイで。さて、この回は警察犬が犯人を追うという話でした。

2匹の警察犬が出てきましたが、1匹目はシェパードでこの回の事件で引退という設定でした。そのため、このシェパードに花を持たせたいという流れもありました。

しかしシェパードの捜査により、いったんは沢口扮する、榊マリコの処遇が危うい状況になります。

しかし、そこは主役。

2匹目の柴犬により大逆転。犯人逮捕となります。

もちろんシェパードの方も実はその後さらに明らかになる犯人を先に突き止めていたんですけどね。

シェパードのも利口そうでかっこよかったのですが、今回は柴犬の警察犬というのがあまりにもかわいすぎました。柴犬飼いたい。実はこの日、体調が悪く早退してきたのですが、しっかり見て癒され体調回復しました(笑)

Pocket

連続テレビ小説、まれまれ : どうなるフランス行き!

毎朝の楽しみはやっぱり連続テレビ小説、まれでを
最初は夢追い人の父親の影響で夢嫌いの現実主義だったまれがケーキづりを通し人とのつながりや夢、そして家族の大切さを学んでいます

おいしそうなケーキと伝統文化である漆塗り、そして温かな能登の人間関係がまれの魅力だと思います
また、くるくると変わるまれこと土屋 太鳳ちゃんがかわいいです

今週は遠距離結婚した夫である圭太が倒れたことをきっかけに夫婦としての支えあうことについて悩んでいます。まれのおかげで圭太の夢は叶いつつあるけど、まれは本当にフランス行き、そしてマ・シェリ・シュ・シュでの修業をあきらめちゃうのかな…

圭太もまれの決断に喜んでいるけどきっとこのまま能登に帰ったら後悔してしまうのではないかと人事ながら心配です
ぜひ、まれには圭太と共に後悔のない道に進んでもらいたいです

それにしてもマ・シェリ・シュ・シュのケーキ、ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ食べてみたいな~

Pocket

人ごととは思えないドラマ、エイジハラスメント

毎週木曜日は、お楽しみのエイジハラスメント。

今期、唯一見ているドラマです。

もうなんといっても、女のバトルが面白すぎます。このドラマは、会社に勤めているひとにはすごく共感できるドラマなのではないかと思います。

だって、でてくる登場人物が、すごくすごくリアルだから。

ドラマほど強烈ではないけど、会社にもこんな人いるし、自分も同じような黒いところがあったので、みていて登場人物の一挙一動にいちいちうなずいてしまいます。

現在、30代の私は、群れている総務女子社員の立ち位置からドラマを見ています。

上の人の若作りの痛さを笑いながらも、下に入ってきた若手の若さに脅威も感じておびえている超絶微妙な立場です。

若さに対する脅威や嫉妬って、いつごろから感じ出したのだろう。すっごくドロドロしてネガティブなところもあり、そこが面白いドラマなのだけど、最後は、年をとるのも悪くはないなと思えるような結末になったらいいなあと思っています。

Pocket

逃走中 : ついつい最後まで観てしまう

割と前からやっている番組ですが、観始めるとついつい最後までいつも観てしまっています。

ルール的には子供から大人まで誰もがやったことがあるであろう鬼ごっこです。

なので誰もが観やすい人気番組なのかもしれません。

ただの鬼ごっこではなく、毎回色々な趣向を凝らしているところも面白いです。鬼が急にたくさん増えてしまったり、途中でミッションがあったりするので見飽きないのだと思います。

逃げれば逃げるほど獲得金額が上がるので、いつも「この辺で自首をすればいいのに」と思っています。

自首というのは逃げている途中でリタイアをすることで、それまで逃げていた時間獲得していた賞金をもらえるという事です。

最後の方まで逃げているとかなりの金額になるので、自分ならば何を言われても自首をしてしまうなあと思ってしまっています。

しかしこれはテレビ番組なので、ほとんど自首をする方はいません。

最後まで逃げ切れる方はいるのかどうか、というのが最後まで観てしまう最大の理由で、おそらくこれからも観始めたら最後まで観ると思います。

Pocket